他人と被らない特別なお財布 VARCO REAL WOOD

みなさんどうもこんにちはにしむーでございます!!

そろそろクリスマス間近ですね。みなさんプレゼントはもう決まりましたか?

バッグに時計、アクセサリーなど色々と迷いますよねぇ。

そんな中、今回は我がノーティアムでもお取り扱いのある少し変わった珍しい

お財布を商品のバックグラウンドとともに紹介したいと思います。

 

VARCO REAL WOOD

fullsizerender-4

こちらがヴァーコリアルウッドシリーズです。

なんと本物の木とレザーのコンビネーションでできています。

お店でお客さんに説明すると「え!?本物の木?!」と驚かれます。

詳しくは次で紹介しています。

 

お財布の他にもキーケースやコインケースなど様々なバリエーションがあります。

また木もレザーと同じように経年変化していくんです。

 

%e5%85%83

こちらはヴァーコに使われているウォルナット材の色の変化の様子です。

左が当初のものでだんだんと赤みがかった温かみのあるブラウンへと変化し

ツヤ感も増していきます。いいですねぇ。

 

つい!木ばかりに注目されがちですがヴァーコのもう一つの特徴は

レザーカラーバリエーションの豊富さです。こちらも次で紹介しています。

ヴァーコリアルウッドとは

img_9933

リアルウッドシリーズの最大の特徴は、本物の木(クルミ科・ブラックウォールナット)を使用している事です。木??硬いのに縫えるの?・・・というのが当然のリアクション、普通の木では当然縫う事はできませんし、割れてしまいます。

では「なぜ縫えるのか?」

日本にはツキ板という、木を薄くスライスするとても優れた技術があるのです。このツキ板は、日本が世界トップクラス技術を持っております。

ではなぜ日本の技術が向上したのか?

答えは、日本は森林資源の少ない国だからです。少ない資源を大切に利用するためにこの技術が向上したのですこの木を薄くスライスする技術を応用し、また縫製しても割れないように特殊な加工を施した素材を使用してリアルウッドは作られています。

日本の繊細な技術とデザイン性を融合した、少しエコでもあるスタイリッシュな革小物シリーズです。

VARCOホームページより

 

img_9932

またレザーも自社工場において、オリジナルの染料で

手染め加工を行っており、他ではあまり見ることのないイエローやブルー、グリーンなど

非常に豊富なカラーバリエーションを実現しているのも特徴です。

もちろんレザーの経年変化も楽しめ、木の経年変化も相まって

上品なアンティークな雰囲気を持つよになります。

 

製造工程

VARCOのホームページにウッドシートができるまでという製造工程を紹介したページが

ありますので是非一度見てみてください。

どのような工程で作られているかを知ることで、より魅力的で特別感のあるもの

と感じていただけると思います。

全ては紹介できませんがスライスされた木と完成した縫製用ウッドシートです。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e6%9c%a8

ここまで薄くするために様々な工程を経ています。

%e5%ae%8c%e6%88%90

ここまで曲げても割れない十分な強度と伸縮性を併せ持っています。

詳しくはこちら

 

作りの紹介

 

作りとしては非常にシンプルです。

 

fullsizerender-3

フルレザーなので非常に柔らかく見開きも容易で中が見やすいです。

カード収納も豊富ですね。

 

この他にも二つ折り

img_9934

キーコインケース

img_9935

コインケース

img_9936

キーケースなど
img_9937

様々なバリエーションが存在します。

 

また、現在ノーティアム10周年企画としてコラボ商品も登場しています。

img_9939

 

まとめ

いかがでしたでしょうか!!

以前私も友人の誕生日プレゼントでキーケースに名前を刻印して(ノーティアムでは

無料でネーム刻印が可能です。)プレゼントしましたがしっかり使ってくれていました。

やはり、箱を開けた時の「え!?なにこれ木?!」というリアクションがあるので

掴みとしては最高だと思われます。笑

こだわり抜かれた素晴らしいお財布です。

今回はクリスマスプレゼントとして紹介していますが、もちろんそれ以外、

自分へのご褒美にーなんてのも全然ありですよね。他人とは被らない特別なお財布、

革小物として、もらっても使ってもきっと満足できるお財布だと思います。

以上VARCO REAL WOODのご紹介でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA