【手切り】自作ステッカーを作ってみた!!制作編

はいどうも!!今日はいい天気すぎて洗濯物干してたらリハビリに行くのを

完全に忘れてたにしむーでございますよー)^o^(

今回も自作ステッカー初心者のための

自作ステッカー作ってみた!!制作編をお送りいたします。

 

材料や費用を詳しく知りたい方はこちらからお読みくださいな。→準備編

作成手順

では早速、作成手順をなるべく細かく紹介していきます。

なお、前回でも言っていますが私が紹介しているのは手切りによるステッカー作成です。

プリンタを使用するタイプはフォローしておりませんのでご注意!!

 

その1 デザインの決定

自分の作りたいステッカーの元となる画像をネットで探し印刷します。

これを原紙と呼んでいきます。

本などのページや表紙などスキャンやコピーで紙に印刷出来るものであれば何でもデザインにすることが可能です。

今回は手始めに「9mm」という部分だけのステッカーを作成していきます。

img_9558

 

完成系がこちら

白地に黒文字のツートーンになっているのですがこのやり方も解説していきます。

 

img_9551

 

 

その2 切り取る

原紙の必要部分または不要部分を切り取り原紙をなるべく小さくします。

これはカットする際に余計な部分を減らすことで作業しやすくするためと

単純にカッティングシートの節約のためです。

もしこのロゴ全体をステッカーにしたい場合は四隅の余白を切り落としておきます。

 

同時にカッティングシートも切り取るのですが足りないなんてことがないように

原紙よりやや大きめに切り取っておきましょう。

img_9559

 

その3 カッティングシートに原紙を貼る

前回紹介したスティックのりを使用し原紙をカッティングシートに貼ります。

これは剥がすものなのでがっちり貼り付ける必要はありませんが、この上からデザインナイフで切っていくのでずれない程度にはしっかり貼る必要があります。矛盾するかもしれませんが要は良い塩梅で貼れってことです。自分で検証して慣れましょう。(なげやり)

今回はカッティングシートをマスキングテープ(サージカルテープ)でカッターマットに貼り付けて固定していますがしないほうがいいです。

曲面を切る際はカッティングシートを動かしながら切るほうが

綺麗に仕上がるというのが理由です。

裏には養生テープを貼って肉厚にしていますがこちらも力加減がわかれば必要ありません。

 

 

img_9562img_9561

 

その4 切り抜き

メインの作業になります。

今回は下地と文字の色がツートーンになっていますのでまずは下地から切り抜きます。

ツートーンですので単純に下地と文字に分けて作ればいいということです。

注:原紙では黒地に白ですが白地に黒で作成しています。

作業時の注意点として、曲面や角張った部分が多いデザインでは刃を立て気味にし刃先を使うようにしました。上でも言っているようにカッティングシート自体をひょいひょい動かしながら切り進めることで角の毛羽立ちや裂けなどが防げます。ここら辺はやってみるとわかると思いますね。

直線部分では定規を使って正確な直線を引くようにしましょう。

img_9563

 

下地が切り抜けました。続いて残った「9mm」の部分を

黒のカッティングシートに貼り付けます。

9のように文字やデザイン中に穴があるものはまずそこから切り抜いていきます。

先に輪郭を切ってしまうと型が外れてしまいますからね。

内から外にというイメージです。

 

img_9564

 

その5 リタックシートで下地に重ね貼りする

ワントーンのステッカーであればその4までで完成させられるのですが、今回はツートーンですので重ね貼りの作業が入ります。

その4で完成した「9mm」の文字を下地の白に貼っていきます。

ここでリタックシートを使います。これについても前回詳しく解説していますのでわからない方はそちらから読んでみてください。→リタックシートとは

ここではサージカルテープで代用できないか試してみましたが重ねる際に下地の縁が見えず非常に苦労したので素直にリタックシートを使いましょう。

img_9565

 

なんとか貼り終え形になりました!!


img_9566

 

その6 リタックシートを貼ってステッカー完成

img_9551

うっかりリタックシートを貼った画像を撮り忘れてしまいましたが、あとは貼るだけです。

貼る際の注意点として貼付面の脱脂をしっかりしましょう。

脱脂剤とウエスを使って貼付面を綺麗に拭きあげるだけです。

なるべくしっかり張り付くようにするひと手間ですので手間を惜しまず!!

これで全工程終了!!完成です!!

以外と簡単でしょ??時間にしておおよそ30分ほどです。

 

参考までに、ものは違いますがリタックシートとはこの透明な部分です。

img_9573

 

あとは応用で、、、

 

img_9582

 

こんなのとか、、、

 

 

img_9716

 

 

こんなのとか、、、

 

 

img_9673

 

こんなのも作れるようになります!!

まとめ

こんな感じで自作ステッカーの紹介でした。

ちなみに制作時間としては最後のmacに貼ったロゴが約6時間くらいです。

ステッカー作りで一番必要なのはひたすら細かい作業を続ける忍耐力と集中力ですね笑

材料費がそんなにかからないことは前回でもお話しした通りです。

時間や手先に器用さを持て余してる方には非常にお勧めできる趣味ですね。

これからも楽器用、バイク用とたくさん作っていく予定です。

ツーリング仲間やバンドなど身内ネタなステッカーを作って盛り上がるなんてのも楽しそうですよねぇ。

とまぁそんな感じで自作ステッカーのご紹介でした!

わからないことがあれば質問して頂ければできるだけお答えしますのでよろしくどうぞ。

それではみなさんアデュー)^o^(

2 Comments

えりへい

初めまして
素敵なステッカーすごいです✩
私も作ってみたくて、
切り取ったところから、リタックシートに貼り付けるやり方が分からなくて、よかったら教えてください!

返信する
BMBlog

はじめまして!!
コメントありがとうございます!
リタックシートに貼り付けるというよりはリタックシートをステッカーの上から貼る。というイメージですね)^o^(
リタックシートは粘着性のある透明な部分と台紙で構成されています。ステッカーを切り終わったら、リタックシートをステッカーの大きさに合わせてカットし、台紙から剥がして、ステッカーの上から貼り付けます。
お分りいただけましたでしょうか?(゚ω゚)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA