【手切り】自作ステッカーを作ってみた!!準備編

はいどうも皆さんこんにちは!!

長いこと更新が滞っていましたが再び始めていきたいと思いますので

どうぞよろしく☆〜(ゝ。∂)

さて今回は手頃に始められる趣味ということで手作りステッカーのご紹介です!!

「なるべく安く」をコンセプトにやっていきます。今回は準備編です。

 

こんな人にオススメ!!

  • お金がかからない趣味が欲しい!!
  • 車やバイク、ヘルメットにステッカー貼りたいけど気にいるのがない!!
  • 自分のパソコンをドレスアップしたい!
  • ギターやベースに貼りたい!!などなど

私の場合はこのほかに時間を持て余して仕方がないこと。

外出できなかったので室内でできるお手頃な趣味が欲しかったという条件も挙がります。

注意:私が紹介するのはプリンターで印刷するものではなく手切りで地道に作っていくものですので悪しからず。。。

 

そもそも自作ステッカーとはなんぞや?

なんとなくご存知の方も多いとは思いますが、私のように「何が何だかわからないぜ☆」

って方にもわかるように少し細かく解説していきたいと思います。

 

自作ステッカーとは『カッティングシートとデザインナイフを用いて自分の好きな「ロゴ」や「文字」を切り絵のようにくりぬいて作るステッカー』です。

 

カッティングシートとは何も加工のされていないまっさらなシールだと思っていただければ

大丈夫です。サイズはA4やロールタイプなど様々なものから選べます。

以下で画像付きで紹介しています。

 

必要なものと金額(購入方法)紹介

今回私が用意したのがこちら!!

最初に言っておくと総額で『2,436円』です!!税込表記だよ)^o^(

ただ実際に作ってみて必要のないものや使い方が間違っているものなど次々と判明しました。

なので実際はもっと安く揃えることが可能です。内訳とともに紹介していきたいと思います。

絶対に必要なものを赤字、なくてもいいものを黒字で表記しています。

img_9554

 

順を追って紹介していきましょう!!

 

カッティングシート・リタックシート

img_9557

カッティングシート

画像の左二つが「カッティングシート」です。いわばステッカーの素。これがなくては話にならない!シールになっていて台紙にくっついている状態です。色や仕様はメーカー、シリーズなどで異なり、たくさんの中から選ぶことができます。(例えば屋外用など)これを必要なサイズ分カットし原紙を貼り付けくりぬいていくというのが自作ステッカーにおけるメインの作業になります。

各色縦45cm×横10cmから切り売り・横10cm¥70×3=¥210

これは販売店により多少の変動があるかもしれません。参考程度と思ってください。

リタックシート

画像右です。こちらは完成したステッカーの上から貼って

形を崩さないように転写するための透明なシールです。転写シートとも呼ばれます。

例えば「HONDA」というステッカーを作ったとします。いざバイクやヘルメットに貼ろうとしても各文字がバラバラに取れてしまうので綺麗に貼ることは困難です。そこで登場するのがリタックシートです。ステッカーの上に直接貼りひとまとめにしたまま剥がします。文字の隙間を埋めてくれるようなイメージです。転写し終えたら丁寧に剥がし完成という感じ。ちなみにマスキングテープでも代用は可能ですがのりの問題でステッカーが汚くなってしまう可能性があるのでこちらの使用をお勧めします。

縦45cm×横100cmから切り売り・横100cm¥410×1=¥410

 

こちら二つは運良く近所の美術用品店で購入できました。

バイク・カー用品店などでも売ってるところは売っているようですが、

私が調べた限り店舗で購入するにはある程度運(品揃え的な意味で)が絡んできそうなので

ネットで購入するのが早いかもしれません。

 

私の購入したカッティングシートの中川ケミカルという会社から

A4サイズでしたがカラーバリエーションが非常に多く屋外対応の

カッティングシートが出ていましたので参考にしてみてください。

 

 

原紙

img_9558

自分が作りたいデザイン、サイズを決めて印刷したものです。

今回は3つのサイズで用意しています。理由は簡単。どのサイズが合うのかわからなかった

からですね!貼るものとステッカーの採寸はきちんとしておきましょう。

ちなみにこれは私の好きなバンドのロゴを印刷したものです。

使い方としてはカッティングシートの上に貼り付け、これに沿って切り抜いていきます。

コンビニのネットプリントで印刷したので一枚¥20かかってます。無駄無駄無駄ァアア!!!

家にプリンタがある人には関係ない出費。

 

カッターマット」「デザインナイフ」「デザインナイフ(細)」 スティックのり」「スプレーのり」

img_9555

 

道具は全部百均です。左から順に。

 

カッターマット

これは言わずもがな机をナイフ傷から守ってくれます。また私の場合はマスキングテープを使ってカッティングシートを貼り付け、動かないように固定するためにも使用しています。ただ百均あるある百円じゃないシリーズでこいつは¥324します。

ただB4サイズ以外に小さめのものも売ってますので各自必要なサイズを購入しましょう。

 

デザインナイフ

これがないとくり抜き作業ができません。普通のカッターと違い先端が尖っている、名前の通り美術用のカッターという感じですね。

普通のカッターでの代用も可能ですが細かい作業が多いので間違いなくこれを使うのが賢い。

「デザインナイフ(細)」の方は刃が非常に小さくより細かい作業向き。ですが力加減が難しくそこまで出番がなかった(腕不足)ためなくても大丈夫です。普通ので十分事足ります。

¥108なり

 

スティックのり

原紙をカッティングシートに貼り付けるために使用します。

ここで大事なのが貼ってもはがせる適度な粘着力です。「原紙をカッティングシートに貼り付ける」と言っていますが原紙はあくまでも「型」なので完成時には剥がす必要があるんです。その時に原紙が綺麗に剥げてれないと仕上がりが汚くなったり、細くなったところが切れてしまいます。なのでのりはマジで大事!!

私が使用して一番調子がいいのはこれ!

 

「スプレーのり」の方は綺麗にはがせるという条件には合わなかったため使用はお勧めしませんね。くっつきすぎぃ。

こちらも各¥108なり

道具はすべて百均で揃います。上記必要なものだけ買った場合。合計¥540

 

「パーツクリーナー脱脂剤」「ウエス」「養生テープ」

img_9556

 

こちらはホームセンターで購入したもの。

いいものなんでも毎日やすいカイン◯ホームは群馬以外にあんのかな?

 

「パーツクリーナー「脱脂剤」」

なんとなく察するかもしれませんがステッカーの貼付面や表面の脱脂剤のつもりで購入しましたがパーツクリーナーにはその効果はないようで、、、ですのでみなさんは脱脂剤を買いましょう!!お間違いなく!!

ここでは脱脂剤の価格を表記しておきます。

Amazonの最安¥356

脱脂剤はこちらのスプレータイプが値段も安く評価が高いのでオススメです。

 

「ウエス」

かっこよく言ってますが雑巾とかで大丈夫っす。うっす。そこらへんの布で代用可能ですのであえて買う必要はありません。

こちらはステッカーの汚れとりのためと貼付面を脱脂する際の拭き取りに使用します。貼付面を脱脂することでしっかり貼り付けることができるんですねぇ。この二つは主に洗浄目的です。洗車などにも使えるので無駄にはなりませんので是非用意しましょう。

「養生テープ」はカッティングシートの補強用で購入しました。初めてで力加減がわからないので、カッティングシートの台紙ごとくりぬいてしまわないように裏側に貼りましたが、なくても大丈夫だとわかったので最初以降は使用していません。ので必要なし!

マスキングテープ

画像にはありませんが是非用意しましょう。私は医療用のサージカルテープで代用しましたが原紙に貼るだけなのでセロテープでも大丈夫です。

最低限必要な合計金額

 

以上全てを併せると、、、合計¥1,516なり!!

  • カッティングシート¥210
  • リタックシート¥410
  • カッターマット¥324
  • デザインナイフ¥108
  • スティックのり¥108
  • 脱脂剤¥356

私の場合の必要最低額になりますが、ここまで安く抑えることが可能でした。

 

まとめ

このように上手くいけば¥1,500ちょっとで始められちゃいます!!

楽器やバイクやカメラなどどの趣味よりも圧倒的に安く始められます!!笑

なるべくお金をかけず時間つぶしにもなりますがやはり実際ステッカーが完成した時の感動と

達成感はなんとも言えません。そして自分の愛用品に貼って楽しめるという

実益も損なってない感じが素晴らしい。という感じで

自作ステッカーのお手頃さを知っていただいたところで次回は制作編になります。

img_9580img_9716

 

 

 

 

こんなのとか、、、

 

 

 

img_9673

こんなのを実際に作っていく様子を解説しますのでよろしければ次回もご覧くださいナ。

それではみなさんごきげんようチャオ〜∧( ‘Θ’ )∧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA